-2chまとめ-【東証】パイオニアが上場廃止。創業80年の老舗が株式市場から姿消す

「パイオニア」株式 最後の取り引き 海外ファンド傘下に – NHK NEWS WEB
海外ファンドの傘下に入り、27日で上場廃止になる「パイオニア」の株式は26日、東京証券取引所で最後の取り引きが行われまし…
(出典:NHK NEWS WEB)
パイオニアを社名とした。その後、世界初のセパレート型ステレオを発売し、オーディオブーム全盛の頃には山水電気(サンスイ、2014年7月に破産)、トリオ(後のケンウッド、現・JVCケンウッド)と並びオーディオ御三家(俗にいうサン・トリ・パイ
54キロバイト (6,741 語) – 2019年3月27日 (水) 07:26

(出典 www.stanley.co.jp)

1 記憶たどり。 ★:2019/03/27(水) 15:49:46.19

https://this.kiji.is/483527851545101409?c=39550187727945729

パイオニアは27日、東京証券取引所第1部で取引される株式が上場廃止となった。
1938年に創業して約80年。老舗の音響機器メーカーとして多くの人々に親しまれたが、
2000年代に入って経営が悪化し、株式市場から姿を消した。今後は、出資を受ける香港ファンド
「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」の完全子会社となって再建を目指す。

パイオニアは、多くの世界初の商品を手掛けた。1990年に発売した衛星利用測位システム(GPS)
搭載のカーナビなどが有名で、当時のパイオニア株は商品開発力や将来性から人気を集め、
株価は同年3月に6880円の最高値を記録した。

続きを読む

Source: ほろよひ人生

記事を読む>>-2chまとめ-【東証】パイオニアが上場廃止。創業80年の老舗が株式市場から姿消す