高橋真麻、局アナ時代のストレスwwwwww

1: 湛然 ★ 2019/03/30(土) 05:06:00.15 ID:kMdOQ0Aa9

2019年3月30日 3時27分スポーツ報知
高橋真麻、局アナ時代にストレスで体重37キロ「辛すぎて記憶がない」

 フリーアナウンサーの高橋真麻(37)が29日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)に父で俳優の英樹(75)と出演。局アナ時代に精神的ストレスで体重が37キロまで体重が落ちたことを打ち明けた。

小学校6年生の時に体重が60キロで、中学生では最高75キロあったという真麻。当時流行っていた安室奈美恵さんのファンションをまねる「アムラー」になりたいとダイエットを決意し、家族の協力を得た。すると2年半でで55キロと、約20キロの減量に成功した。

その後は、フジテレビにアナウンサーとして入社たが、インターネットの掲示板サイトに「ブス」「コネ入社」「七光り」などの悪口が書かれる地獄の日々。さらにやっていないことで上司に怒られたりと、臆測のうわさ話が日々エスカレートする苦悩の時期だった。

そして2年目になると指名の仕事が来なくなり、精神的ストレスなどから食事が一切とれず体重が37キロまで落ちた。「ガリガリになってました。食べられなかった。辛すぎて記憶がない。久しぶりに報道の方に会うと、あの時『ご飯が食べられないからチョコレート食べてます』とか言ってたよって。自分がおかしいってこと、ちょっとは分かっているんですよ。痩せすぎてることも」と、もがき苦しんでいた時代を振り返った。

 さらに激やせのもう一つの理由として「他の女子アナって『きれい』『かわいい』って言われるんです。私はそれは言われない、でもすごく痩せて出て行くと『細ーい』って言われるんで。それが自分の中で快感というか」と当時の心境を明かした。

現在はバラエティー番組に多数出演するなどブレイク。立ち直ったきっかけは、父・英樹に「誰でもいい仕事こそ一生懸命やりなさい」との助言だったと感謝していた。

高橋真麻

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/4/4/44cf8e61.jpg

https://hochi.news/articles/20190329-OHT1T50386.html

高橋 真麻
日本のフリーアナウンサー。
グレープカンパニー所属。
元フジテレビアナウンサー。
既婚者。
ウィキペディア
生年月日: 1981年10月9日 (年齢 37歳)
生まれ: 東京都
身長: 162 cm
両親: 高橋英樹、 小林 亜紀子
学歴: 東京女子大学 (2000年 – 2004年)、 雙葉中学校・高等学校

01

続きを読む

Source: 芸能人の気になる噂

記事を読む>>高橋真麻、局アナ時代のストレスwwwwww

日本最大級の動画配信サービス!
日本最大級の動画配信サービス!人気の映画・ドラマ・アニメが見放題!日本最大級の動画配信サービス!人気の映画・ドラマ・アニメが見放題!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
芸能全般
シェアする
FALENO | 配信特化型 新世代AVメーカー
エンタメトピックス | 芸能ポータルサイト