-2chまとめ-【脅威に対抗】米政府、日本に3500億円相当の弾道弾迎撃ミサイルの売却を承認

米、日本への弾道弾迎撃ミサイル売却を承認 – AFPBB News
【8月28日 AFP】北朝鮮が最近も新型弾道ミサイルの発射実験を繰り返し、日本に脅威が及ぶ恐れも生じている中、米政府は27日、弾道弾迎撃ミサイル33億ドル(約3500億 …
(出典:AFPBB News)
弾道弾迎撃ミサイル(だんどうだんげいげきミサイル、英語: anti-ballistic missile, ABM)とは、敵の弾道ミサイル迎撃するためのミサイルである。1950年代に開発が開始された核ミサイル系と、1990年代から現代に至るまで開発が続いている通常弾頭型がある。欧米諸国を中心に配備
8キロバイト (1,145 語) – 2019年5月16日 (木) 08:50

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

1 ガーディス ★:2019/08/28(水) 10:25:37.00

【8月28日 AFP】北朝鮮が最近も新型弾道ミサイルの発射実験を繰り返し、日本に脅威が及ぶ恐れも生じている中、米政府は27日、
弾道弾迎撃ミサイル33億ドル(約3500億円)相当の日本への売却を承認した。

 米国防総省によると、日本が購入するのは米防衛機器大手レイセオン(Raytheon)製の「SM3ブロック2A(SM-3 Blo* IIA)」最大73発で、
艦載型イージスシステムから発射する設計。

 北朝鮮はミサイル攻撃能力を拡張しており、過去2年間、核弾頭を搭載して日米を攻撃できる中・長距離弾道ミサイルの発射能力を示してきた。

 また、北朝鮮が先月末から相次いで行った新型短距離弾道ミサイルの発射実験では、少なくとも1発が日本に届くだけの距離を飛行した。

 ほかにも国防総省は、ハンガリー、韓国、リトアニア、デンマークに対する計9億4300万ドル(約997億円)相当の兵器売却を承認した。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3241756

続きを読む

Source: ほろよひ人生

記事を読む>>-2chまとめ-【脅威に対抗】米政府、日本に3500億円相当の弾道弾迎撃ミサイルの売却を承認